スポンサープロダクトの平均クリック単価が上がってきてる

相変わらずAmazonの売上がキビシイです。

ページビュー数が伸びない…

楽天市場への出店指令が出ていますが、毎月の売上も確保したまま進めなければいけないので、Amazonの売上がキビシイと楽天市場の出店準備どころではなくなってしまうのです。

まったく…欲張りなんだから…

スポンサーリンク

スポンサープロダクトの平均クリック単価

スポンサープロダクトの平均クリック単価が高くなっています。
去年の1月からの毎月の平均クリック単価を見てみました。

もちろん、単価の設定や季節指数もあったり、意図的に高単価をつけた商品があったりとかはしているので一概には言えませんが、高くなってきている印象です。また、Amazonの推奨単価もあがっています。
特に今月(6月)は高くなっていて、もう割に合わないという商品も出てきています。

5月中旬以降、フォーラムを見ていても思うのですが、セラーの皆さん売上が厳しくなっているところが多いようで、スポンサープロダクトで広告打って売上確保、みたいな感じで、スポンサープロダクトも競争が激しくなり、単価がどんどん上がっているのでは、という印象も受けます。

数万円の商品であれば、クリック単価が多少上がってもまだやっていけますが、3,000円とかの商品だと、クリック単価30円とかなっちゃうと、ウチの場合キビシイです。皆さんどのくらいの感覚でやっているのでしょうか…

とにかくページビュー数を稼がないと売上に結びつく可能性も低くなってしまうので、なんとかスポンサープロダクトで露出を増やしたいところです。

もちろん、写真や説明などの改善して、ユニットセッション率もしなくちゃいけないのですが…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする